« 「大家さん学びの会」が全国賃貸住宅新聞で紹介されました! | トップページ | 本日、退去の確認があります。 »

2005.03.24

都心に不動産(土地)を持つということ

私の義父は、わずかではありますが都心に不動産(土地)を持っています。最近、気付いたことがあります。とても当たり前のことなのですが、都心は家賃は高く取れます。これは地方に物件を持っている私としては、驚く賃料です。その反面、それにかかる固定資産税も目玉が飛び出るほどの金額になります。

こういう理由があるので、狭い敷地でもいっぱいいっぱいに建物を建てたり、高層にしたりしなければ、いい利回りを保つことが出来ない訳です。

もし表面利回りが同じ物件で、かつ空室率も同程度なら、どちらを選びますか?
これは物件毎に状況は変わると思いますので、正解は無いと思いますが、ただ、都心にこれから不動産(土地)を購入しようとされている方は、固定資産税というファクターを忘れないで投資をしましょう。

10:18 AM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 都心に不動産(土地)を持つということ:

コメント

コメントを書く