« 20年モノ中古物件生き返る! | トップページ | 嬉しかったこと »

2005.10.10

ハワイの不動産事情

こんにちは、ケン@ハワイです。

今回は私と妻が通っていたビジネススクールの先輩のご自宅に泊めさせていただいております。

先輩は、不動産ブローカーですので、最近の事情を色々聞いてみました。

①アメリカメインランドの不動産価格は少し下がり傾向が見られるようになってきた。

②ハワイの不動産価格はまだ上昇しており、かつ品薄の状況は続いているとの事。

私達が10年前にビジネススクールでこちらに来ていたころは、空き地だった場所にも

どんどん一戸建て、アパートが立ち並び、大変なことになっています。

いずれにしても、ここハワイではインカムゲインでは無く、キャピタルゲインを狙うしかな

さそうです。しかし、購入してから1年間は売却が出来ないルールがあるので、いま購入

しても1年後に値が下がっていれば、売却損が出てしまいます。いまは投資物件を買う

にはリスクがありますね。

先輩のご自宅からの景色(すんばらしい~です。) 

FromHawaiikai

FromHawaiikai4

05:08 AM | 固定リンク

コメント

こんにちは、ケンさん
mixiからきましたOSAMUです。

1年間は売却が出来ないルールはキャピタルゲイン
による税金控除でしょうかね?
譲渡益に対して税金を払えば問題ないのでは?


今のハワイの住宅事情は最悪ですね。
どう考えても今購入は考えられません。
まあ お金もないのですが。(笑)

ハワイの3~4年後が恐ろしいですね。

投稿者: OSAMU (Oct 11, 2005 5:25:51 AM)

OSAMUさん、

こんにちは!コメントありがとうございます。

>1年間は売却が出来ないルールはキャピタルゲイン
>による税金控除でしょうかね?
>譲渡益に対して税金を払えば問題ないのでは?

表は、投資目的の売買を防ぐためのようですが、1年後に売却可能になるならあまり意味は無いですよね。

ハワイの不動産は、一時的に価値は下がっても、また価格が時間をかけて元に戻るのが特徴です。

特にコンドミニアムは建てれる場所が限られている為、需要に対し供給が少ない状態が常にあるからです。日本は供給過多なので、古くなればなるほど価値が下がっていってしまいますよね。

ところ変われば不動産の価値も大きく変わるいい例だと思います。

投稿者: ケン (Oct 11, 2005 7:29:30 PM)

始めまして突然のメール失礼します。
大阪に住む24歳の石井志朗といいます。

今、大阪で不動産ブローカの会社で働いているんですが、

給料も完全歩合でノウハウも確立されていません。

でも不動産業界で仕事をして行きたいです。

ケンさんは海外で不動産のお仕事に携わっているので今後の

不動産業界の意向がよく分かると思います。

やっぱり不動産業界で仕事をして行くのは将来の為の

生きて行く中での知識やお金になりますでしょうか??

もしよろしければケンサンは不動産の仕事のどういうとこ

に引かれてお仕事をしてるのか教えてください。^^

投稿者: 石井 志朗 (Dec 30, 2005 1:01:39 AM)

コメントを書く