« 住む立場から考える | トップページ | 物件のある町を探索してきました。 »

2009.06.20

カナダ報告(その1)

カナダのトロントから帰ってきました!

6月10日現地着15日現地発でカナダのオンタリオ州ミシサガ市の妹が住む
コンドミニアムのゲストルームに宿泊しました。

宿泊料は、1泊約5千円。部屋は40平米ほどあるのでリーズナブルだったと
思います。

一つだけ難点は、ホテルとは違い、インターネットアクセスが無かったこと
ぐらいでしょうか?

それ以外は、とても快適に過ごす事が出来ました。

今回は、このコンドミニアムに宿泊して、とても勉強になりました。

日本でも最近のマンションでは、当たり前になっている設備・サービスが
含まれますが、全てリストさせていただきます。

・オートロック
・電子キー(エントランス、ジム、プール、駐車場などの扉を開閉)
・24時間管理者が常駐(夜はガードマン)
・部屋の扉は全て室内
・共用部の床はカーペット敷き
・ジム(トレーニング・マシン一式、シャワー、ロッカー、トイレ、更衣室、サウナ有り)
・プール(プール、ジャグジー、サウナ、シャワー、更衣室有り)
・中庭(植栽、バーベキューコンロ2式、テーブル、椅子)
・パーティールーム(約200平米、キッチン、冷蔵庫、テーブル等)(有料)
・ゲストルーム(約40平米、1ベットルーム、クローゼット、テレビ、チェスト、バス等)(有料)
・駐車場(1世帯1台、ペントハウスは2台)
・各階にゴミ捨てシューター(そこから捨てると、ゴミ捨て場まで行かなくていい。)
・全館集中空調
・バスルーム(バス、シャワー、洗濯機、乾燥機、トイレ、洗面台)
・冷蔵庫、食器乾燥機、オーブン、電子レンジ、コンロ等
・保管庫

の様な感じでした。

不動産の価格は、一時、下がったものの、既に回復の兆しが見えているそうです。

このコンドミニアムがあるミシサガ市は、トロントまで車で15分と非常に便利がよく、
その一方で、人が住むのに快適な環境にあります。

現在の市長が、とても上手な市の運営をしているそうで、多くの市民に愛されている
市長だそうです。

この凄腕市長のおかげで、ミシサガ市は、道路、歩道広く、公共サービスも充実。

急成長している町の割りに、自然に対する配慮もされているのが印象的でした。

愛知県の刈谷市と、姉妹都市で近所に友好関係を記念する和風庭園が10年ほど前
に作られており、日本の香りを感じさせる一面もあります。

コンドミニアムから徒歩10分のところに、大型のショッピングモールがあり、
そこまで行けば、ほとんどのものがそろいます。

コンドミニアムから徒歩30秒にも、24時間営業のスーパー、クニックなどがあります。

公共の交通機関も発達していて、ショッピングモールから歩いて5分程度のところに
各方面に行くことが出来るバスのターミナルがありました。

住宅は、ピンキリですが、2000万円程度で購入出来るタウンハウス、3000万円ぐらい
から購入出来るコンドミニアムや戸建。

ちなみに妹夫婦が住むコンドミニアムは、1部屋約80平米で当時2000万円(中古)と大変
リーズナブル。

非常にいいロケーションにコンドミニアムを購入しているので、既に2割程度は
市場価格で値上がりをしているそうです。羨ましい限りです。

アパートも結構あるようです。

戸建ての建て方は、木造の2バイ4、外壁はレンガがほとんどでした。

レンガの外壁はメンテナンス性、断熱性、デザイン性の向上の為に好まれて使われているそうです。

また時間が出来たらカナダ報告(その2)を書きますね。

01:23 PM | 固定リンク