2006.04.26

不動産の実勢価格

国土交通省は、東京など大都市圏の不動産取引の実勢価格を、4月27日からインターネットで公表するそうです。

  → 「大家さんになろう!」のページ

「東京などの大都市圏」だけというのが気になりますが、少しずつ全国に広がって行くといいですね。

今までは、全国地価マップというサイトの「地価公示・地価調査」でも確認出来ましたが、場所によっては実際の取引価格とはかなり違うところもあったようです。

  → 全国地価マップのページ

この全国地価マップでも、ある程度は目安がわかるので助かります。

あとは、仲良くしている不動産さんに調べていただくという手もあります。

01:31 PM | 固定リンク

2005.07.10

物件購入の融資

ここ2週間ほど、物件購入の融資を受けるために奔走しておりました。まだ全ての正式回答はいただいておりませんが、だいたいこんな感じです。

 A信用金庫 → ○。 ほぼ満額。でも変動金利。しかも金利がやや高い。

 B都銀 → ×。 融資期間が重量鉄骨でも最長30年。築20年の為、残存期間が10年と判断される為、最長貸付期間が10年となり、自分の計画に合致せず。

 C都銀 → ×。 上記と同じ理由。

 D都銀 → ○。 多分、大丈夫でしょうという回答。正式回答は来週。

 E公的金庫 → ○。 多分、大丈夫でしょうという回答。正式回答は来週。

2週間にこれだけ回ったので、さすがに疲れました。。。B都銀は、義父の物件の融資先、C都銀は私のメインバンク。結構、楽勝かな?って考えていたのですが、まったく駄目でした。。。融資が一件落着したら、銀行口座を移動してやるぅ~(笑)

08:51 AM | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2005.07.01

金融機関をまわって思ったこと。

今週は、信用金庫、国金、都銀2行を訪問して、投資物件の融資の相談をしました。

どの銀行も共通して感じたのが、投資には積極的には融資しませんよという姿勢。

会話をするときも、極力「投資物件」という言葉は使わず、「収益物件」、「賃貸物件」とあえて選択して使いました。「投資」という言葉、「敷金」という言葉と並んでイメージの悪い言葉のようです。

まだまだバブルの後遺症なのか?それとも、私に信用が無いのか?住宅ローンはバンバン貸してるのにね。何が違うんだろう。だって、自宅だろうと、投資物件だろうとしっかりとプランニングして借りたお金はどちらも、しっかり返すって!!

既に一行からOKはもらってますが、提示金利が高いので、よりいい条件を出していただけるよう粘り強く交渉したいと思います。

07:14 AM | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2005.06.03

ロンドン  住民の3割が外国人輝く21世紀型都市

ニューズウィーク日本版の2005年6月8日号に「ロンドン  住民の3割が外国人輝く21世紀型都市」という記事がありました。

「ヨーロッパの首都で、ロンドンほど外国人を歓迎し、そのおかげで繁栄している都市は無い。今では住民の3分の1近くが外国生まれだ。」との事。すごいですよね。3分の1ですよ。

出張や旅行でロンドンに何度か行きましたが、確かにそれは感じました。インド、中国、中近東、アフリカなどなど、ありとあらゆる国から来た方、あるいは、先代からロンドンに住んでいる方、色々です。あの多様性には驚きます。

日本もこれから人口が減少していきますが、外国人を受け入れることによって、人口をキープあるいは、増加させることが出来るのではと思います。それにはまず制度の改革が必要です。

新宿の大久保あたりでは、「ここって日本?」と思わせるほど、外国人が多いですが、どれだけ不法滞在者がいるんだろう?って思います。しっかりしたガイドラインを作って、正しい手順を踏んだ上で日本で住んでもらう分には、何も問題が無いと思うのですが。。。

ロンドンの不動産価格は、供給に対し、需要が多いため、値上がり傾向です。東京はどうでしょう。はっきり言って供給過剰です。賃貸物件も同様で、このままこの状態が続けば古い物件はどんどん賃料が下がる現象は止められないと思います。

状況は常に変化しているので、このままでは無いと思います。ここ数年の不動産価格・賃料の推移がどうなるか?予測はかなり難しいですね。

06:00 AM | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2005.05.13

ハワイの不動産は予想以上に値上がりしている。

以前、うちの自宅にホームステイしていたタリンという学生の両親は、昨年の6月にアパートを3棟(戸数は不明)購入した話しを聞いていたので、今度、ハワイに行ったら見せてもらおうと思い、先日、確認のメールをタリンに出しました。

回答は、

★★★★★

私の両親が所有しているアパートの内覧についてですが、残念ですが、彼らは現在、3棟とも売却の手続き中です。昨年の6月に買ったばっかりですが、マーケットが非常によく、彼らは大きな利益を出せるため売却を決めました。

税金の控除(1031 exchange*)を受けるために、売却と同時に新しい家を購入する予定。

*:  1031 exchangeについての詳細はこちらで説明されています(英語)。

http://homebuying.about.com/cs/1031exchange/a/1031_exchanges.htm

★★★★★

だそうです。日本の不動産市場とは、まったく事情が違いますね。場所や時間が変われば、不動産の投資の方法も大きく変わる。また一つ学びました。売却時に税の特典まであるとは、恐るべしアメリカ。。。

06:42 AM | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2005.05.01

ローバート・キヨサキも不動産が大好き。

この休みを使って、Robert KiyosakiのRich Dad, Poor Dadの原書を読んでいます。
さっきこんな記述を発見して、うれしくなりました。

As a young boy, my educated dad encouraged me to find a safe job. My rich dad, on the other hand, encouraged me to begin acquiring assets that I loved. "If you don't love it, you won't take care of it." I collect real estate simply because I love buildings and land. I love shopping for them. I could look at them all day long. When problems arise, the problem are not so bad that it changes my love for real estate. For people who hate real estate, they shouldn't buy it.

彼は不動産が大好きだから、投資の一つの方法として、不動産を選んでいます。また、不動産が嫌いな人は買うべきでは無いとも言っています。日本語の訳本を読んだときは完璧に読み飛ばしていました。

多分、日本語、英語の問題では無く、その当時、私はそのことに対して重要だと思ってなかったんでしょうね。いまでは、この点が一番重要な点だと、私は強く思います。

原書はAmazonで買えます。英語もそんなに難しい単語や言い回しを使ってないので、英語の勉強がてら読むのもいいのではないでしょうか?

03:52 PM | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

「不労所得」という言葉

「不労所得」。この言葉、とても違和感があったんですよ。だって、働かないでお金が稼げる訳が無いじゃないですか。

不動産投資&賃貸業が不労所得と思っている大家さんをチラホラ見かけますが、それは嘘です。不動産投資をする前に経営計画書を作ったり、融資の審査で書類をそろえたり、不動産会社から情報を得たり。不動産を持てば、税務申告、物件・店子さんのケア色々やることはあります。仕事をして無いなんてことはありえません。

「不労所得」という言葉が最初に出てきたのが、金持ち父さん貧乏父さんの日本語訳本だったと思います。では、英語では何と書いてあるでしょうか?

不労所得 = Passive Income

です。やっと原文の単語をみつけましたよ。次のウェブにありました。

 →こちらをクリック Passive Income

なるほどね。

辞書(http://www.alc.co.jp/)で調べると、「受動的所得{じゅどう てき しょとく}」です。

不労所得ではないですよ。

確かに賃貸業は会社員のように、朝から晩まで時間を拘束されることはありません。楽と言えば楽だし、自由な時間を他の事に使えます。ですが、まったく働かなければ、物件はどんどんボロくなり、賃料を下げることになったり、空室になったりすることもあります。

ほったらかし大家さん、少しは働きましょうね。投資出来るのは自分のお金か時間。もし、自分が働いてないとすれば、知らないうちにお金を使っていることになります。お金に余裕がある大家さんはそれでもいいかもしれませんが、成功している大家さんほど、自分の時間もお金も両輪で使っているように思います。

 ↓ もし、何をどうすればいいのかわからない時は、次の対談CDを聴かれることをお勧めします。

 「スーパー兼業大家」西山雄一&「カリスマサラリーマン大家」コテツの対談CD

02:49 PM | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2005.02.17

ハワイの不動産会社ハワイアンジョイ

ハワイに旅行に行った時に、物件を買いもしないのにお邪魔する不動産会社があります。会社名はハワイアンジョイといいます。この会社の社長の深山誠二さんに会ってお話しするのが目的なのです。不動産以外にも色々教えていただいています。

今週(2月14日号)の全国賃貸住宅新聞の12面、13面にハワイアンジョイ&深山さんが紹介されていました。
全賃の記者さんは現地のオフィスに訪問して、インタビューしたとの事。さすがプロです。旅行先でもしっかり取材をしてくるなんて。頭が下がります。

07:13 AM | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.01.09

金森さんの不動産投資セミナーに行ってきた。

以前のブログの記事でも紹介した、セミナー「金森重樹・サラリーマンでもできる10年で3億作る不動産投資」に行ってきました。

会場に入ってびっくり。なんとその参加人数が半端じゃありません。400人ぐらいいたのかな?

多くの「大家さん学びの会」のメンバーとも会うことが出来、セミナー後の懇親会もとても楽しかったです。あの、「らくらく兼業大家♪」のキョウコさんにも、やっとお会いする事が出来ました!!

セミナーの内容はとても濃かったですね。かなりハイレベルな話しも、色々な例え話を紹介しながら、説明されていたので、とても分かりやすかったと思います。

また、2時間という長い時間を飽きさせずに聞かせる、金森さんのプレゼン能力には頭が下がりました。

一般的にはセミナーというと、スライドを使って説明することが多いのですが、今回はA4たった3ページのレジュメだけ。

実際に、ここ数ケ月で数億の不動産投資をして、このセミナーに臨んでいるので、話しの内容にも重みがありました。

今回のセミナーを収録した、DVDが1月末に発売されるとの事。価格は15,000円ですが、その価値は十分にあると思います。

10:04 AM | 固定リンク | コメント (7) | トラックバック