2008.03.01

住む立場から考える

私も賃貸住宅には長い間お世話になりました。

いい物件もあれば、ひどい物件もありました。

いい大家さんもいれば、嫌な大家さんもいました。

なかなか気に入らず、半年で何回引越したことも。

賃貸生活から卒業して10年以上、賃貸住宅を探したり住む感覚が薄れていました。

そんな時、次の様な本をみつけました。

貸す立場ではなく、借りる立場から物件を見るのはとても勉強になります。

物件を探す様々なノウハウがしっかり書かれています。

10:15 AM | 固定リンク

2006.06.03

セルフコーチング本「自分をホメればすべてがうまくいく」

前から、気になってはいたのですが、藤山勇司さんが書かれた本、「自分をホメればすべてがうまいいく」を購入、通勤時間を使って一気に読んでしまいました。

初めは、不動産投資・賃貸業の人がセルフコーチングの内容を書くのはなぜ?と懐疑的でしたが、実際手に取り読んでみたら、それは単なる私の先入観でしか無いことがわかり、少し恥ずかしい気がしました。

藤山さんは、現在は不動産投資・賃貸業によって成功されていますが、そこに至るまでは大変な辛い経験をされていたんですね。でも、しっかり危機を脱出してしっかりやられています。一度直接お会いして話しがしてみたくなりました。(詳しくは本を読んでくださいね。)

この時期、うつ病にかかる方が多いと思います。先日も警視庁が発表した調査によると、「昨年1年間に日本国内で自殺した人は前年比0・7%増の3万2552人で、8年連続して3万人を超えたことがわかった」との事。

とても悲しいことです。藤山さんの本は、いまお悩みの方が読んでもとても参考になる内容だと思います。自分で自分をほめてあげることで、少しでも、自ら命を絶つ方が減ることをお祈りしています。

03:21 PM | 固定リンク

2005.03.03

ブログで儲けるノウハウ本

最近、さまざまなブログのノウハウ本が出回っていますが、この本は他のブログのノウハウ本には書かれていない、重要なエッセンスが散りばめられています。このノウハウ実践しない手はありません。

ブログの達人がこっそり教えるおカネの儲け方 - 佐々木祐二 著

06:41 AM | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.12.04

「家主と地主」という雑誌

昨日、久しぶりにプールに泳ぎに行った帰りに(上半身がひどい筋肉痛です。。。)、池袋の東武百貨店の本屋がまだ空いてたので、書店うろうろしてました。目に入ったのは、「家主と地主」という雑誌 - (株)全国賃貸住宅新聞社 定価600円 - を発見。前から全国賃貸住宅新聞を購読しているので、存在は知っていたのですが、見たのは初めて。

買うつもりはなかったのですが、表紙の2つのタイトル「節税効果バツグン!法人設立大研究」と「ハワイ、オークランド 海外不動産投資のうまみ」というキーに反応し、思わず買ってしまいました。。。
(お客が買うか買わないかの判断に影響する表紙は重要だなーってつくづく思いました。)

なるほど、世の大家さんはこういう雑誌を読みながら研究してる訳かー。サラリーマンじゃ、絶対こんな本読まないよね。うちの奥さんも「何、この雑誌。マニアックねー」だって。

でも、内容は濃いですよ。ほんと。読むのに時間がかかりそうです。

12:01 PM | 固定リンク | コメント (4) | トラックバック

2004.11.01

図解本「お宝不動産」で金持ちサラリーマンになる。

昨日、沢さんの新しい図解本購入しました。

最初は「どうせ、以前の書籍の単なる図解版だろう」ぐらいにしか考えていませんでしたが、図解しただけでなく、色々な点が追加されてことがわかり、買ってみました。再度、「お宝不動産とはなんぞや?」を整理して理解するにはとてもいい本だと思います。

図解「お宝不動産」で金持ちサラリーマンになる

こんなにわかりやすく書いてくれて、ありがとう沢さん!

02:01 PM | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.10.16

大きな壁にぶつかったら。

そんなに遠くない昔、大きな壁にぶつかってヨレヨレになっていたときに、読んでその壁を越えるきっかけになった本の漫画版です。

劇画版 思考は現実化する

漫画は日本人がとても得意とする分野。イメージで読んで、理解するのってとても大事なことだと思うんです。

英語圏では、本にしろ、マニュアルにしろ、文字が多い。「本当にこれで理解出来てるんだろうか?」って思うのですが、意外に理解出来てないことがあるようです。

漫画、大事にしたい文化です。

12:11 PM | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2004.09.19

本の整理

本棚がいっぱいになってきたので、ちょっとだけ本の整理をしました。そのうち程度のよさそうなものを20冊(たしか)ほど、近所の駅前にあるBOOK OFFに持ってって買い取ってもらいました。全部で3,800円。まあまあです。本棚もスッキリするし。一石二鳥です。

Amazon.co.jpの買取りを利用した方が、かなり高く売れるようなのですが、売れるたびに、1冊づつ買った本人に、2日以内に発送する必要があるんです。かなり面倒臭がりの私にとっては苦痛だし、出張で家にいないことも頻繁にあります。

こんな理由もあって、怠けものの私のような人がいる限り、BOOK OFFの需要は減らないんですよね。

02:58 PM | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.09.14

しばらくテンパってました。

しばらく本業とプライベートトラブル対応が忙しくテンパってました。久しぶりに苛々モード。家でも奥さんに「苛々モードをまき散らしてるわよ。」と言われる始末。

テンパリ最終日にちょっと寄った書店で、本田 健さんの「図解 ユダヤ人大富豪の教え - 幸せな金持ちになる17の秘訣」を買って読んでました。

図解 ユダヤ人大富豪の教え

以前から、この本が出ていたのは気づいてたのですが、ここ1ケ月、心の余裕が無くて、小さい活字を読むことを遠ざけていました。そんな時、図解版が出版されてるのに気づいて、ちょっと読んでみるかと思い買いました。

今朝、喫茶店で最後の方のページにあった「親愛なる若い友人へ」という、本田さんのアメリカ滞在時のメンター(師匠)からの手紙を読んでとても感動し、人目をはばからず涙を流してしまいました。

とてもいい手紙です。この手紙は本田さんにとって、一生の宝なんじゃないでしょうか。

この本を読んだお陰で、コチコチになってた頭が、少し柔らかくなったような気がします。

05:33 PM | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.08.10

いま読んでる本

ここ一番に脳を集中させる「残像」力という本を読んでます。詳細はこちらです→ここ一番に脳を集中させる「...講談社ニューハードカバー

実はこの本、半年以上前に買って本棚の肥やしになっていたんです。
本の頭のページに残像カード(色つきのイメージ図が描かれている)がついていて、それを20秒ほどみたら、目を閉じて、その残像を追いかけることによって、リラックス&集中するというものなのですが、その当時、私はまったく残像が見えなかったんです。

先日なんとなくその残像カードを試したところ、あれれ。残像が見えます。確かに何度か試すと頭がスッキリするし、集中もしやすくなります。これはいいと思い、毎朝・毎晩試してます。

07:15 AM | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.07.01

全国賃貸住宅新聞

以前から友人に「購読してみなー」って言われていた「全国賃貸住宅新聞」の購読をスタートしました。
内容が濃いーですね。もちろん広告もいっぱい載ってますが、オーナーさんの話しやその道のプロの話も書かれているのでとても参考になります。

アパ・マンオーナーさん、お勧めです!!

購読の申し込みは下記の電話での申し込みになります。

 (株)全国賃貸住宅新聞社

 電話03-3543-6761
FAX03-3543-6846

 年間購読料17,000円 毎週月曜日の発行です。

ケン

PS  私の賃貸業の師匠、西山さんの記事が掲載されていました。6月21日号です。

09:14 AM | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.04.15

金持ち父さんの予言を読んでます。

いま、金持ち父さんの予言を読んでます。

ちょうど後半にはいったところです。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480863532/salarymanooya-22

最近、ロバート・キヨサキ氏は何度か日本に来ているせいもあるのか、この本には日本の話しがちょくちょく出てきます。

その中で、耳の痛いご指摘がります。

 = 「金持ち父さんの予言」からの抜粋 =

日本は、変化に抵抗する古い経済の土壌を持つ国だ。 ***** 日本が抱える問題の一つは、国民がこの島にずっとすんでいて、何千年もの間ほぼ孤立した状態を続けてきたことだ。だから、文化的なルーツとして、変化に長い時間がかかる傾向を持っている。

  (確かに、私もそう思います。)

日本人は教育程度が高く、勤勉で、整然と組織され、貯蓄率が非常に高い。どれもアメリカ人が手に入れたい、子供達に教えたいと思っているすばらしい国民性だ。

  (ありがとう!ロバート。)

だが、こんなにすばらしい特性を持っているにもかかわらず、日本は不況に向かって突き進んでいる。なぜだろう?

日系4世でアメリカと日本の両方の文化の入り混じった家庭で育ったものとして、私が指摘できるものは次のような相違だ。

日本の文化では、面目を保つことがとても重んじられている。面目を失うことは恥であり、それと失敗が結びつくと、腹切り、自殺の理由になる。つまり、日本の文化では、恥をかくより死んだ方がましだとされてきた。

(するどい意見です。)

 = 「金持ち父さんの予言」からの抜粋 (終わり) =

私もコテコテの日本企業から外資系企業に転職し、8年ほど経ちましたが、この間、いやと言うほど日本人と他が違うという事を肌で感じてきました。日本人が諸外国の人々と違うと言えます。

私はもっと日本人に気楽に生きて欲しいと強く思いますね。もっと気楽に生きていれば、精神的に追い詰められることもないでしょうから。。。東京で電車に乗っていると、ほとんど毎日といっていいほど、人身事故のアナウンスやニュースが流れます。

そこまで追い詰められる前に、道は一つだけでなく、たくさんあるという事を多くの日本人に気付いて欲しいです。

ケン

01:04 PM | 固定リンク | コメント (8) | トラックバック

2004.04.13

「普通の人が本を書いて怖いくらい儲かる秘術」を読み終わりました!

「普通の人が本を書いて怖いくらい儲かる秘術」を読み終わりました!

いつかは本を出版してみたいという方は是非とも読んでみて下さい。すばらしいノウハウが満載です。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4893468456/salarymanooya-22

私も実は、「週末起業フォーラム」主催の出版企画コンテストに応募しており、出版の企画書を1つ出しています。
企画書を提出する前に読んでおけば。。。と思いましたが、もし採用されなければ、この本も読んだことだし、再度チャレンジしてみるつもりです。

ケン

02:06 PM | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.04.01

タッド・バッジさんの「やればできる You can do it」を読み終わりました。

タッド・バッジさんの「やればできる You can do it」を読み終わりました。
感動です。特に後半から終わりにかけては、感動の連続でした。

元気の無い日本の会社のエグゼクティブやマネージャーに読んでもらいたい本の1つです。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198618372/salarymanooya-22

ケン

11:32 AM | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.03.21

本の紹介です。

もう何度か読みました。下記のリンクからアマゾンの紹介ページにジャンプします。

普通の人がこうして億万長者 一代で富を築いた人々の人生の知恵  本田 健 著

04:04 PM | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.03.16

ロバート・キヨサキ氏の「金持ち父さん貧乏父さん」

みなさんは、ロバート・キヨサキ氏の「金持ち父さん貧乏父さん」を読みましたか?

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480863303/ref=sr_aps_b_/250-0987710-7418664

私は何度読んだかわかりません。一度読んだ時から、書いてあることがよーく理解できました。なぜなら、既に不動産投資をしていたからです。

読んだ方の中には、「ロバート・キヨサキ氏は、たまたま運が良かったんだよ。」て思ってる人はいませんか?

私には偶然や運で成功したのではないことが分かります。一番、重要なのはテクニックを学ぶのではなく、お金持ちになる心構えが出来ているかどうかなんです。

私は最近ロバート・キヨサキ氏が出している「Financial Intelligence」 3-STEP GUIDE TO WEALTHを買って、それに付いている12枚のCDのどれかを毎日聞いています。確か30,000円だったと思いますが、飲み代を数回か節約してもこれを買うことを私はお薦めします。本には書かれていない重要なノウハウが詰まっています。

↓ このノウハウは次のショッピングサイトから購入しました。 ↓

この中で、「私は1つの不動産を買うのに、100件の不動産を見て、その中から1つを選びます」と言っています。ここがミソなんです。安易に買ってはいけません。最近、投資用不動産を安易に買っている方が多いように思います。

私が主宰する「大家さん学びの会」で一緒に勉強してみませんか?また、メールマガジンも発行しています。
どちらも無料です。ただし、真剣に学びたい人だけしか歓迎しません。

 「大家さん学びの会」
 → http://www.kaiteki-kankyo.com/salarymanooya/sub2.htm

 メルマガ「私はサラリーマン大家。ただいま修行中!」
 → http://www.kaiteki-kankyo.com/salarymanooya/#mailmag

では、良い一日をお過ごし下さい。

ケン

06:29 AM | 固定リンク | コメント (0)

2004.03.15

20代のあなたへ 夢みることから始めよう

今日、休憩でオフィスの地下の書店をぶらぶらしていたら、この本を見つけました。

  「20代のあなたへ 夢みることから始めよう」 近藤 太香巳(こんどう たかみ) ダイアモンド社
  1,200円

なかなかいい本ですよ。すぐに読めるし。著者の人柄がとても出ていますね。
一度、会ってみたい気がします。同じ年だし。

20代の自分の将来について悩んでる人にはうってつけではないでしょうか?

すぐ読めるので、何度も何度も読むのもいいかもしれません。

ケン

06:55 PM | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック