kahara_mandarin
kokonut_girl

« brew moon☆☆☆ | トップページ | Previous Xmas »

えっ、フルマラソン?Ⅳ

marathonlogo1.jpg
今年もやってきましたホノルルマラソンの季節♪来週、12月12日の日曜日です。今週あたり、続々とホノルル入りなさる方々で、ハワイも活気が増しますね。そうです、思い出しました。マラソンのお話が途中になってたこと。。。

ハワイの学校がちょうど秋からのコースだったので、折角?!だからとクラスメート数人でエントリー。初めてのフルマラソンに向けて、朝、ハワイカイをジョギングしてみたり、10kmのローカルマラソンに出場したりして、なんとな~くフルマラソンのスケールの大きさをじわじわと実感。。汗

一度マラソンを経験していた当時のクラスメートだった主人から、いくつかポイントを私たちは教えてもらいました。なにせ素人、マラソンのノウハウなんてな~んにも知らない。そういう格好して出ればいいのかと思ってたのですが、いろいろあるんですねぇ。
・マラソンの1週間くらい前から、カーボローディング、炭水化物、例えばパンとか、ご飯とか、パスタとかを摂取して、体にエネルギーを貯蓄する。ホストファミリーのお父さんがパンケーキを焼いてくれたっけ。。喜
・2~3時間でゴールすることはまずありえないんで、長期戦の構え(笑)で空腹を感じる前にゼリー(当時は、日本から参加した主人の会社の同僚にSAVASを持ってきてもらいました)とか、バナナなどを食べる。空腹になると一気にエネルギー切れを起こし、走れなくなってしまうそうです。私は当然長期戦の人なので、ウエストポーチに食べ物を携帯して走りました。
・日焼け対策。スタートは夜明け前ですが、日が昇るとかなり暑いんです。短時間で完走できない方は、タンクトップよりもTシャツを着た方がいいです。(私はこれで肩が日焼けしてしまい。。涙)特に日本から来る方々は日に焼けてないですからねぇ、ローカルなら別ですが。帽子も必ずかぶって走りましょう。
・女性はスポーツブラとか、マラソン用のトップを着ます。男性はTシャツが汗でぬれてスレると痛いことになるらしいので、ニップレスが効果的とか。。笑 脇の下とか、クリームを塗りました。
・給水所ではマメに水分を補給する。タイムが落ちるからってがんばって水飲まないでいると、脱水症状になります。
・完走した後は、極力すぐにヒザや足を冷水で冷やす。これはあなどれません。故障の原因になるのでクールダウンは十分に!
・あとは、自分のペースでゆっくり気長に走ったり、歩いたりすることでしょうか。スタートから飛ばすとすぐにダウンしてしまいます。

marathonlogo2.jpg

忘れもしません、1995年12月10日、晴れ。あの年は特にハワイは暑かったんです。ランナーの私たちは夜中の2時に学校前に集合し、車でワイキキのコンドに住んでるクラスメートの所へ移動。朝になると交通規制が始まるんで、早めにワイキキに出ておきます。ランナーはゴール地点のカピオラニ公園から無料送迎バスに乗り、スタートのアラモアナビーチパークへ移動します。このバスが寒いので、途中で捨てれるように黒いゴミ袋ありますよね、あれをかぶってバスに乗ったのを覚えてます。。笑

アラモアナビーチパークに着いた時、びっくり!こ~んなにたくさんの人が出るの?みんな日本から着たの?ってくらい見渡すかぎりの人の山。先頭にはマジなランナーがいますが、fun runの大勢のランナーが準備運動したり、歌を歌ってたり、写真の撮りっこしてたり、かなりハイテンションの様子です。スタートの5時になると、一斉に走り出しますが、まぁ人が多くてどこまで行っても最後尾がないんじゃないかってくらいに、ず~っと人が流れていきます。

マラソンのコースをご存知かもしれませんが、アラモアナから一旦、ダウンタウン方向へと走り、そこからUターンして再びワイキキ、ダイアモンドヘッドに向かって走ります。このあたりはまだ比較的元気なので、かなり飛ばす人も見かけます。スタートからダイアモンドヘッドにたどり着くまでで、距離は約10km。このダイアモンドヘッドへはひたすら上り坂が続きます。ここでスタートを飛ばしちゃったランナーはちょっとお疲れ気味に、最初にゆっくりと行くと以外とダイアモンドヘッドも楽に登っていけます。

ダイアモンドヘッドを登りきると、閑静なカハラの住宅街。その中を走り、カラニアナオレハイウェイに出ます。この頃には日も昇りきっているので、ハイウェイはアスファルトの照り返しやらでかなり暑くなります。このあたりはまだ私は元気だったかな。所々、給水所やエイドステーションに、ボランティアとして参加したクラスメートの顔が。”がんばれ~””ゆっくりね~”って声をかけてくれて。地元の人たちも手をふって”you are looking good!”って励ましの声援。中にはランナーのために、家からホースをつないで外に向かって放水してくれたりなど。暑さと自分との戦い!

給水所ではスポーツドリンクや水をふくませたスポンジを手渡ししてくれます。ランナーはカップを受け取って水を飲んだり、スポンジをぎゅっと頭や肩の上でしぼって水をかけた後、ポイって道のわきに捨てます。ただ大勢の人が通過するんで、路上にはこれがバラバラと落ちてて、足元を見ないで走るとつまづいて転ぶこともあり要注意。主人から聞いてたのですが、このスポンジ、たった数センチの厚みなのですが、ほんと~に疲れてくるとそのスポンジをよけるのに足があがらなくなるって。。汗

ようやく折り返し地点のハワイカイ。ここが折り返しだなんて信じたくない。。先は長い!そしてまた灼熱のカラニアナオレハイウェイへ。このあたりからでしょうか、左足、シューズの中が痛~い。別に靴ずれじゃなかったんですが、結構厚手のソックスをはいてた私、それが水を含んで足裏を圧迫し始めたらしく。なによりもまずいっ!って思ったのは自分でした。これからまだハイウェイを走って、ダイアモンドヘッドを越えてカピオラニ公園まで15km位はある?そこからは歩いたり、走ったりの連続になり、それまではなんとか順調にきてたんですが、かなりのスローダウン。一緒に走ってくれていた主人は、時計と残りの距離とのにらめっこ。”向こうに木が見えるよね、そこまで走ったら、1分歩こう。”(主人) ”はい”(私) トロトロと全部歩いてしまうと時間がない。主人は残りタイムと距離を計算しつつ、何メートル走ったら、歩いての繰り返しをするように指示を出してくれました。

ハイウェイを走りきり、再びカハラの住宅街。そこで給水所にいたクラスメートに会い、”レイコちゃん、もうちょっとよ!”って励まされました。折り返してからのハイウェイとカハラの間がやけに長く感じた~。でもダイアモンドヘッドが見えてくると、急に元気になって♪沿道に”何キロ地点”って大きな看板が出てるので距離がわかります。ダイアモンドヘッドを上ってまた下ったら、フィニッシュのカピオラニ公園だ~!

坂を下る頃にはかなり気分的に復活。そこで主人が”ゴール時点では、ランナーのフィニッシュする瞬間の写真を撮ってるから、笑って笑って””う。。笑えないかも。。”(私) あれだけつらかったのに、どうしてでしょう?フィニッシュした後、なんとも言えない心地良さが。多分、終わった~っていう安心感と、完走できた~っていう充実感なんですね。これは走った人にしかわかりません!

finisher.jpg

ゴールすると、完走者Tシャツをくれるブースへ。ゼッケンを見せてチェックしてもらい、念願のTシャツをゲット!マラソンにツアーで参加するとツアーテントが出ていて、冷水の小さいプールみたいのが用意されています。私たちはツアーではなかったのですが、主人が以前ツアーで参加したときのツアコンの方がテントにいて、お断りして私たちも足をつけさせていただきました。水の中に氷が入ってるんですが、42kmを走った足にはこれがちょうどいいんですね。ヒザも十分に冷やしてから、車でハワイカイへ帰りました。

finisherback.jpg

その夜、パンダCUISINEで全員集まって打ち上げ!でもね、一旦ハワイカイへ戻ったら自分が相当疲れていることに初めて気づいたんです。信じられないかもしれませんが、首から下が全身筋肉痛。。笑 あぁ~痛い~体中が~、肩の日焼けが~って、ロボット状態で打ち上げに行ったのは言うまでもありません。

翌日月曜日の学校では、私みたいなロボットが手すりにつかまりながら、なんで教室が2Fにあるんだ~!って。。笑 月曜最初の授業には約束通りに完走者Tシャツで出ました。先生からWell done guys!の言葉。全身筋肉痛はその後1週間くらい続きました。。笑

アハハ。。人に言えるタイムじゃありませんが、ぜひ機会があれば、気が向いたら、出てみてくださいホノルルマラソン!感動の嵐に間違いない!ちなみにタリンのお父さんは毎年出てるって。。すごい。

finisher_medal

ご参考まで、ご覧になってみてください♪
ホノルルマラソン米国公認公式HP
http://www.honolulumarathon.org/
ホノルルマラソン日本事務局HP
http://www.honolulumarathon.jp/

2004 12 05 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: えっ、フルマラソン?Ⅳ:

コメント

そう!私も忘れもしません。
その翌年のホノルルマラソンが私の初海外に結びついているのです。
友人夫婦のご主人が出場するので
子守りに連れて行ってもらったんです。
そこんちはパパの方が家事育児得意なので。

レイコ♪さん
翌年も走ったんですか?

投稿者: 照見 (Dec 6, 2004, 3:13:41 AM)

レイコ♪さん、事前にトレーニングとかやって参加したんですか?
私もいつかは…とは思うけど、思うけど・・・(きっとこんなヤツにいつかは、は来ないんだろうな。。笑)
オットは40歳になったら!と意気込んでます。
私と違って意思が強いのでまじめに走りそうです。。。

投稿者: pua (Dec 6, 2004, 9:13:14 AM)

照見さん (^o^;)いや~走ってませんよ~。こう見えても(見たことないって?)つらい経験を忘れない人なんで。。笑 主人は2回出てます。富士山にも2回登ったって。。私には理解不能。。笑

Puaさん、ども!トレーニング内容は↑カテゴリー『ホノルルマラソン』にある程度です。ちょっとハワイカイ1周のジョギングと10kmマラソンに出たくらいで(気休め?)なんと言ってもこのイベントはFUN RUNなので、楽しく♪マイペースで景色を眺めながら走ればいいかなって。途中で足裏痛くなりましたが、大きな故障も後遺症もなく安心でした。40才と言わず、来年出ときましょうよ!笑

投稿者: レイコ♪ (Dec 6, 2004, 6:08:50 PM)

レイコさんこんばんわ♪ホノルルマラソン&ハワイ情報がいっぱいで読みふけってしまいましたよ~。
一度ハワイに行ったことあるのですが、マラソンは初めて。ドキドキなのですが、私もテーマは楽しく走る!最後に笑ってゴールできるよう、無理せず頑張ってきます♪
朝、五時のスタートやっぱり寒いのですね。ごみ袋かぁ・・。途中で捨てるとこはあるんですか~?
いまいち、ハワイの12月の天候がつかめず、ネットで天気予報を見まくってす(笑)

投稿者: coco (Dec 6, 2004, 6:18:43 PM)

Cocoさん、ようこそ!アハハ。。笑 寒いのはカピオラニ公園からランナーをピストン輸送するバスの中です~。ブログを拝見した感じではテンションあがってきてますね~(^o^)Tシャツ着てればあとは随時体を動かしているんで、早朝でも寒さは感じないでしょう。なによりも緊張してるし。。笑 マイペースで継続は力なり!必ず完走できますから!がんばれ~(^o^)/~~ 一度いらしているのでご存知と思いますが、レストランやスーパーの中は寒いので上からはおるものがあるといいですよっ♪

投稿者: レイコ♪ (Dec 6, 2004, 8:22:20 PM)

はじめまして、レイコ♪さん。リツコさん、さちさんのブログでお名前を拝見していて参りました~。よろしくお願いします。
私もハワイカイに住んでた、というより、コンドを持っていたので(もちろん1室だけ)夏と冬の数ヶ月を過ごしていました。コンドはマラソンコースに近かったので、毎年声援で参加していました。一度はマラソンに参加してみたい!と思っていますが、思うだけで練習しない怠け者です…メイヤーズウォーク(現レースデイウォーク)は参加したことがあるのですが。今年は12日ですね。日本の有名人もどなたが参加するのでしょうか。楽しみですね。では、また遊びに参ります。

投稿者: やこ (Dec 7, 2004, 9:03:31 PM)

はじめまして!おぉ~、夏と冬の数ヶ月@ハワイカイのコンドなんてうらやまし~。マラソンコースに近いコンド?なんとなく想像つきます~位置が。そのコンドはまだお持ちなのですか?興味津々。ありますねぇ、Mayor's Walk 。友達が出たかな、昔。また長谷川理恵あたりが出るんですかね。またいらしてくださいね~♪

投稿者: レイコ♪ (Dec 8, 2004, 9:09:22 AM)

レイコさん、ホノルルマラソン、懐かしいですね。私はハワイの人たちの暖かい応援やボランティアスピリットが印象的で、そのおかげで完走できたような気がします。
私もレイコさんと同じく始めてのマラソンだったので、ご主人のアドバイスはすごーく参考になりました。靴は1万円ぐらいのエアー入りのものが良いとか、バナナを持っていくと良いとか、かならず給水所では飲む(喉が渇いた時には遅い)、とか。あの時は若かった(といってもしっかり30代過ぎですが)ので、最初、早いペースで一生懸命走りすぎて、真ん中のハワイカイからは、半分歩き、半分、小走り・・というペースで、ゴールした時はヘトヘトで、タイムはほぼ女性の平均でした。レイコさんみたいに、カップルでゴールしている人も多くて、とても羨ましかったです。
私のマラソン二回目は、今年の3月、荒川市民マラソンでした。年の功か、最初にセーブして走ったら、8年前よりもタイムが良かったです!といっても平均ぐらいでしたが。ゴールしてもハワイよりは余裕があったのが、なんだか寂しくて。あの時は若かったなあ・・と思います。

投稿者: Mariko (Dec 11, 2004, 2:55:39 PM)

Marikoさん、え~っ!今年マラソン走ったんですか?フル?し、信じられない~!しかも前より早いの?やりますねぇ。<(^o^)> 私は無理、もう絶対無理っす。きっとヒザを痛めてしまうかも。現役ランナーだとは知りませんでしたよぉ。ライフワークにするとか?

投稿者: レイコ♪ (Dec 11, 2004, 6:57:36 PM)

ランナーじゃないんです。普段は全く走っていません。スポーツクラブには週1回ぐらい行っているけど。
フルマラソン、8年ぶりだし、大丈夫かなあ・・と思ったのですが、意外とOKでした。
完走のコツは、最初から飛ばしすぎないこと。最初は自分の60~70%で、ゆとりがあるペースで走るのです。そしたら、ホノルルより40分も早く走れてしまいました。
でもまた練習もせずに参加して、靴も新品だったので、10キロのところで足の裏に大マメができて大変でした。丁度ワセリンがあったので、塗り塗り。。
レイコさんはまだ全然若いし、大丈夫ですよ! マイペースで走れば。いつかまたホノルルでも走りたいですね~!

投稿者: Mariko (Dec 11, 2004, 7:22:37 PM)

意外とOK?。。普通はそうじゃないと思います。。笑 いや~Marikoさんは特別かも。でもマラソンっていくつになってもできるスポーツって言いますからね、ん~いつか走るか。。いつになるか。。笑 あとねぇ、個人的にはエイドステーションのボランティアもやってみたい。JAIMSでお願いして参加してみたいなぁってちょっと思ったりして。サポーターの側からもマラソンに参加してみたいって興味あります。聞いた所によるとエイドステーションも結構修羅場になるって。。怖 またみんなでホノルル行けたらいいね!

投稿者: レイコ♪ (Dec 12, 2004, 10:13:58 AM)

会社の隣席の人がホノルルマラソンから帰ってきました。40歳半ばですが、年齢別グループで昨年に続いて2位を取ってきました。
エイドステーションが修羅場って、結構怪我人や病人が多いってことでしょうか? 走っている時は全く気がつきませんでした。私は脚は強い(太いから)ものの、心臓・循環器系は弱いので、人ごとではありません。走っていて寒気がするので、もう走るのは止めた方がいいかな、って思うこともあります。
それにしても、ホノルルマラソンのボランティアは偉大ですよね。ハワイに短期間住んで、アメリカ人の良さを一番感じたのは、頑張る人を応援してくれるところでした。荒川マラソンも静かで良いけれど、あのホノルルの賑やかな応援がないのはちょっと寂しかったです。道端やエイドステーションの応援は賑やかでほんとうに励まされました。ホースで水をかけてくれたり、手を振ってくれたり。ホノルルって楽しく走れるマラソンだなあ、って思いました。

投稿者: Mariko (Dec 18, 2004, 7:45:39 PM)

Marikoさん、そう、エイドステーションにはいろんな方(怪我や具合が軽い・重い含めて)が来るから通訳も大変だって誰かに聞きました。あんまり無理しない程度に走ってね。ほんと走る側にとっては声援やサポートがとてもありがたく、励ましになるものですよね。このマラソンこれからも続いていってほしいです~。

投稿者: レイコ♪ (Dec 19, 2004, 12:05:06 PM)

コメントを書く