kahara_mandarin
kokonut_girl

« The Veranda | トップページ | Various episodes »

Pink Palaceの魅力 Ⅲ

pinkp_amenity41927年2月1日にオープンしたこのピンクパレス、最初に迎えられたお客様はプリンセス・カワナナコアだったそう。アメリカ大航海時代の幕開け、ガーデンビューのお部屋が多いのは、長い船旅で海を見飽きたお客様が庭の眺めをご希望だったからとか..な~んて、これは雑誌のストーリーの引用。笑 そんな時代にはもちろん、カードキーなんて存在しなかったんでしょうけど、ここのキーはご覧の通り、ピンクパレスの顔が描かれています。(そのせいか、カードキーの絵柄もガーデンビュー?)

pinkp_amenity3カメハメハスイートのベッドの上に置いてあるククイ・レイ。ウェルカムレイ?かと思ったら、タグがついてます。画像を撮った際は、なんて書いてあるのか気にしてなくて、きっとお土産にどうぞ~っていうのかと思ってたのですが、あとで拡大してよーく見てみると。”このククイ・レイを枕に置いていただくと、ベッドメーキングの際にシーツ類のリネンを交換いたします。バスルームにかけていただければ、タオル類を交換いたします。このレイはお持ち帰りいただけますが、その際は20ドルをルームチャージに上乗せいたします。” 素敵なアイデア、でもお持ち帰りの際はご注意を!笑(って、このお部屋に泊まる方はそんなこと気にしないか..^^;)

pinkp_amenity1ベッドの手前にちょこっと置いてあるスリッパ。タオル地が履き心地とても良さそうです。ちなみにこれは女性用、お隣りには男性用のスリッパがありました。もし気に入られたら、バスローブ、スリッパ、タオルなどなど、ホテル内のブティックで購入可能なようです。(未チェックですが) ピンク好きにはいいかも。。

pinkp_amenity2バスルームのアメニティー。綺麗なピンクのパッケージで統一されています、お水までホテルブランド。クリーニングのおじさんたちがお仕事中でしたので、見るだけってことで、アメニティーのブランドまでチェックしてません。オリジナルブランドかな?(ご存知の方、教えてください~) やはりホテルに一番大切な要素のひとつ、清潔感。2種類のお部屋を見せていただきましたが、どちらもきれいに維持されていて、新しいお客様をお迎えするための準備万端って感じでした。冷房もキンキン。

pinkp_amenity5

この日も1Fロビーのお花がきれいに咲いてました~

2005 08 13 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: Pink Palaceの魅力 Ⅲ:

コメント

ここのお庭は最高~~5月に渡ハした時もいきましたが、心が落ち着きます。

投稿者: STITCH (Aug 13, 2005, 9:29:13 PM)

Stitchさん、こんにちは。
そうですね、お庭のスペースが広く取られていてうっそうとした感じが、にぎやかなワイキキの中にあることを忘れさせてくれます。
何十日もの長い船旅の後、かつてのゲストたちはこの庭を眺めて、ほっとしたのでしょうね。

投稿者: レイコ♪ (Aug 14, 2005, 9:09:55 AM)

TBありがとうございました!
お礼遅くなってごめんなさい。
ククイナッツレイのアイディア、良いなー!健太のホテルではただの印刷された紙っきれです(笑)!

投稿者: 健太 (Aug 14, 2005, 12:28:39 PM)

一応、リクエストに応じてリネンやタオルを変えるってことで、環境にも配慮してるんですかね。レイはスイートの方にしかなかったです。タリンのおかげで、ぜ~ったい足を踏み入れることのない世界を垣間見れました。笑

投稿者: レイコ♪ (Aug 15, 2005, 1:50:38 AM)

コメントを書く